夫との会話

金土日の会話を振り返ってみる。難聴者について何も予備知識のない人たちに語るには、こういう紹介スタイルもいいよね。でも難聴者がみんな↓なわけじゃないしね。来年も講義に呼んでもらえたらの話だけどね。

23日(金)

テレビを見ながら

22時ごろ、夫が帰宅。お土産は、ここんとこ毎週、黒部のプリン。食べながらテレビを見る。将棋の世界を引退された加藤一二三(ひふみ)さんがしゃべっている。

私/この人、よくしゃべるんだけど、字幕を見ないと、何を言っているかわからないの。

夫/えっ、声が出ていない?

私/そうではなくて、声は出しているけれど、前歯が上下ともないでしょう。どうして入れ歯をしないんだろう。息が無駄に漏れてしまうの。口を閉じると、くちびるが内側に吸い込まれちゃって。

夫/口、読めない。

私/そうでしょうね~。

私は寝る前に、お米をといでお鍋に入れ、ふたの上にふきんをかけて、調理器のタイマーをセットしておいた。ご飯の炊けるにおいで自然に目が覚めるから。

24日(土)

夢を見た。私が大勢の人の前で手話でお話ししていたら、手話学習者にダメ出しをされていた。これが正しいという「橋」の表現がどう考えても違うな~と考えながら目が覚めた。私にとって意味のある夢だった。

★ご飯おあずけ

・・・夫が朝から洗い物をして、掃除をしてくれている。バタン、バタンと扉の閉まる音が大きい。あれ。いっこうに、ご飯が炊きあがる気配がないのだが。おかしいな? そう思って起き上がり、キッチンに行ってみると、調理器のコンセントが引っこ抜かれているではありませんか! お鍋をさわってみると、温かい。部屋でくつろぐ夫を呼びにいき、お鍋の前に連れて来た。お鍋のふたを開けて見せた。

私/も~! ご飯を炊いてたのよ!! 炊いてる途中で、コンセントを抜いたでしょう。

夫/あ、そうなの?

私/お鍋をさわってみて。

夫/(さわる)あ、ホントだ。・・・(調理器の右側を指しながら)光がついていれば、わかったんだけどな~。

私/残念でしたぁ。光は、左側に付いてるのよ。

夫/あぁ~(´・ω・`)

私/今度から、お鍋の上にふきんがかかってたら、コンセントを抜かないでね。

朝食用には、冷凍ごはんを温めて食べました。富山の野菜便が豊かになってきたので、とても助かります。スナップエンドウが甘くておいしいです。

★電車の中で。

私/明日も、来週も会議だね。礼拝に行けないね。なんだか信仰が傾いちゃうね。なんか、できることはあるかな?

夫/ああ。ブクを飲むしかないな。

注)ブク=タガログ語で椰子の実のこと。私たちはココナッツウォーターのことをブクと呼ぶ。

私/ん? なんでブクなの?

夫/ブク(Book=聖書)を読む。

私/ああ、なるほど!

★クリスチャン手話サークルぶどうの木→帰宅→昼食後15時からマンション総会→終了18時半。パソコンテイクでぼーっとした頭で夫と買い物に行くが、ばくだん(具だくさんのおにぎり)かごに入れてから、財布をもっていないことに気づいた。

私/あ、私、お財布持ってないわ。ポイントカードがないけど、哲康さんがお金をもってるなら買っちゃおう。お金をもってる?

夫/少しだけね。ん~、でもぉ~。(もじもじ)

私/はい?

夫/ワシ、ここで待ってる。財布を取りに戻ってほしい。

私/え~。戻るの~。

  私が家に財布を取りに戻るついでにトイレに行き、ご飯のスイッチを入れた。今夜はレトルトを使った簡単なカレーにしよう。スーパーに戻る途中で、総会に参加していた知り合いに会って、ひとことふたこと会話。店内では、さっきとおんなじ場所に夫がいた。

私/ずっとここにいたの?(買い物かごの中身を見て)あ、そんなわけは、ないね。ここに来るときに、◆棟の△△さんに会ったのよ。

夫/ほお~~!!

私/「大変だったわね~」と言われた。

夫/・・・(頭をかきかき)えっ? えっ? タガナニ?

私/ん? タガナニって何・・・  

一瞬、私の頭の中に3ヶ月前のLINEトークがよみがえる。それは私が風邪を引いて、こひつじクラブの例会に行けなかったときのこと。

指文字「た」。
「た」が何! (ひらめき)

私/たいへんだったわね って。

夫/そか。

私/「た」しか読めなかったんだ!!

必要なものをかごに入れて、レジへ。ポイントカードを提示。最近はセルフレジといって、「お支払いは現金かクレジットカードですか」とレジの人に言われてハイと答えると、番号を指定されて、機械にお金を払う仕組み。

で、いざ支払いの段になったら、なんと夫が財布を出して、率先してお金を払うではないか。「少しだけ」と言う割には、財布に万札が入ってるではありませんか!!

結婚11年目。まだまだ把握できない、この人・・・。(+_+)

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

広告