聴導犬、その他もろもろ

土曜日の夕食時、テレビで野球をやっていたが、他の番組でもいいと夫が言う。何か面白い番組は、あるかなと、リモコンボタンを押していったら、聴導犬について授業をやっていたので、見ました。

2017年4月現在、聴導犬は全国に75頭いるそうです。聴導犬レオン君との生活ぶりを漫画にしておられる安藤みきさんが出演されていました。聴導犬を導入するきっかけは、それまで、音の存在を知らせるなど通訳をしてくれた聴者の息子さんが反抗期を迎え、手伝ってくれなくなったからだそうです。親子が自立した関係になるための、よい選択だったと思います。

聴導犬の適性は、音に鈍感であることだそうです。特定の音を利用者に知らせるようにと訓練されるそうです。人間と同様に、聴力は落ちていくので、8年ほど働いたら、引退。その後はペットとして飼うそうで、おうちの中では、後任の犬が控えていました。

今年も、6月16、23、30に大学の授業でお話するので、アンテナを張って情報収集しています。

以下、つぶやきなど。

土曜日の夜は、結婚式の音源の文字起こし。

日曜日10:00~12:00 夫は、礼拝中、私にノートPCを持参し音声認識結果の修正をしてほしかったらしいが、何も言われないので持っていかなかった。必要がないときは「持っていかなくていいよ」と言ってくれるんだから、必要なときも声をかけてほしいワ!

12:00~13:30

きょうは第4日曜日で、世代別交わり会に参加することを決めていたので、夫は残念そうにしていたが、メンズは合同の集会あると。それもメッセージがあると聞いて急きょ予定変更。メッセージ付きの集会を決めた時点で教えてもらいたかった。あーあ、パソコンを持ってきていればなあ~と思いつつせっせと手書きノートテイク。ノアが箱舟から出て最初にしたことは、主の祭壇を築くことだったという内容。「さいだんをきずく」という音を聞いて、どういう姿を思い浮かべるのか。私は漠然とした理解だった。手話では、「祭壇」という言葉だけで、「動物を犠牲として神に捧げる」という表現になるのだ。

13:30~14:00

ワーシップミニストリー・ミーティング

祈りと賛美と礼拝とショートメッセージ。「主に感謝せよ」これがダビデのスピリット。主への賛美の中心は、感謝。

帰宅したら15時すぎ。次の会議に行く支度をして、15分だけ横になり、目を閉じた。

16:00~19:00 管理組合臨時理事会でパソコンテイク。理事になったばかりなのに、議題が大きすぎる~。夫はかなり意見を言う。けっこうしつこく食い下がり反論されている。こういう夫の姿を見るのは、実は初めてかも! 私と意見が食い違うのは困るよ、1住戸1票なのに!

夫、お疲れさまです。北陸新幹線のお陰で川崎と富山の距離が縮まったから、仕事量が増えました。疲れていると、お互いに読み間違い、聞き間違い、勘違いが増えます。大変です。

いろいろな具の入ったおにぎりを「ばくだん」と言いますが、夫は「まくら」と読み違えました。確かに口型は同じだー。

 

 

広告