また日曜日が来た

写真は本文と関係なくはありません(^O^) (鉄道博物館にて)

土曜日に夫と話し合って、礼拝にてUDトークの修正をノートパソコン上で行うことにした。これまでは、手書きで修正だったのだけど。これからずっと続けるかはわからないけれど、とりあえずお試し。なので、iPadや三脚は、家でお留守番。膝の上でやるので、パソコンを安定させるためのクッションや座布団が必要かどうかをいろいろ話した。とりあえずは、ブランケットを広げて膝の上に置くことに。

日曜日の朝、いつものように夫に言った。

私/今日は各部交わり会の日だよ。

夫/あ~あ・・・(´・ω・`)ショボーン

そして、礼拝の終わりに、ヨシュア(夫の所属する会)は、ルーム3に集合と連絡があった。おお~、ちゃんと夫の要望が聞かれているじゃないの。

礼拝後、お弁当を買ってから、夫は名残惜しそうに私から離れていった。「じゃあね、行ってらっしゃい!」私もなんだか保育園に初めて子どもを送り出して仕事に行く心境?!経験したことないけれど。

そして…UDトークの修正をPCでやってみた感想は、、、とても忙しい。

放っておいても、夫が前後関係で正しい変換を推測できる誤変換がある。たとえば「主の美奈をさんびしまぁぁす」前後が正しいから、美奈➡御名 だとわかる。放っておいてもいい誤変換がどれくらいあるのかわからない。

しかし良い点は、メッセージ要約のための入力作業が簡単で済むこと。音源どおり文字化できても、読んで伝わる文章になるか。いや、ならない。混乱するだけ。先生ごめんなさい、でも本当なの。編集作業が必要なので、メッセージ音源を2回聞いて、全文を3回くらい読んで、伝えたいポイントを見つけていった。UDトーク、なかなかいい仕事をしているじゃないか。

広告