いろいろやってます

京都の車内広告。障害者標識の数々。

⑥は二条駅から鉄道博物館に行くタクシーの中から見た。関東では見ないが。私の行動範囲が狭いだけだろうか?

京都のホテルは、部屋は小さかったが、大浴場もあり、新聞も朝夕3紙ほど、部屋に持ち帰って読めたし、テレビも家のと変わりなく、夫が字幕の心配をすることもなかった。

ところが名古屋のビジネスホテルのテレビは、ホテル仕様で、リモコンに字幕設定のボタンがなかった。聴覚障害者には、音声だけでは困るんですとフロントに言いに行った。部屋に戻った夫、どうするのかと思ったら、字幕付の放送については、字幕だけをiPadに表出させて視聴。初めは縦置き、しばらくして横置き。

先週、教会に行くと、夫の席の下に、黒い機械が。

響きをからだで感じることが礼拝の助けになっている夫のために、映画館で使われている機械を礼拝ミニストリーがレンタルしてくれた。値段は知らない。

デジタルのトランスミッターもお試し。

コンクリートの床では響かないので、T兄弟が、木の板を用意してくれた。しかし残念ながら、一度も響きを体感できないまま、礼拝は終わってしまった。(>_<)

この日は教会の御国プロジェクトの〆切。手話教室のビションや教会への要望をリストアップして提出。メール送信直前、寝床に行こうとしている夫をつかまえて、内容を見てもらった。「人使いが荒いな~」と言いながら眼鏡をかけていた。

広告