オット語録、拾い集め

①先日のバス旅行の帰りの車内にて(夜)

erinberry/ノアの箱舟に「何キュビト」という長さの単位が書いてあるけれど、その箱舟のサイズを基準に船が造られていると、どこかで読んだことがあるんだけど、本当?

夫/タンカーは、そうです。(と、後部座席のerinberryさんにLEDライトを照らしながら、生き生きと説明し始める。)ただ、ノアの箱舟は、動力を計算していません。前に進む力ね。(ここら辺の説明はよく覚えていない。)

want/ふ~ん。ノアの箱舟に入っていた人たちって、排泄物の処理とか、どうしていたのかな。

夫/紙オムツしてたんじゃないの?

聞こえていた人たち/(^O^)爆笑

私/やだな~。創世記から紙オムツなんて。

夫/あ、紙オムツの前に、布オムツですね。

②夫、香港の俳優、ジャッキー・チェンを知らないことが判明。写真を見てもわからず。

私/えーっ、ジャッキーだよ?

夫/ああ、中国雑技団ね。

私/違うよ。ジャッキー・チェンだよ~って、どう説明したらいいんだろう?(しかも暗闇で)

周りの聞こえる人たち/・・・(沈黙)

夫/NHKに出てくれないと、わからない。

 

②解散後、電車の中

スミレ/さっきのタンカーの話、聞いていました。そのとき、高尾さんの顔は見えなくて、手に持っていたLEDの光だけが、あっちこっち動いていたんですよ。

夫/ああ、そうだったか。失敗した。蛍光塗料をかぶれば問題なかった。

私・スミレ/・・・はい?

夫/江戸川乱歩の小説に、内容は忘れましたけど、蛍光塗料を頭からかぶる人間が出てきます。顔が光るから、ライトで照らさなくてもいいでしょう。

③後日

私/ジャッキー・チェンって、わかった?

夫/なかなかTVに出てくれない。

④昨夜の話。

私/3月3日は結婚記念日だけど、どうする?

夫/ああ~、歯の胃で。(ハノイ) その日は仕事だ。

私/じゃあ、いつもの時間に帰ってくる?

夫/うん、お茶を飲みにね。

 

 

広告