その後

元気ですよ。忙しくてバタバタしています。

土曜日に父と喧嘩して、エネルギーを使ったため、なかなか眠れず、寒気が。怒るのは体力が要りますね。でも、ここで風邪を引いたら大変です。反抗期は、10代でちゃんと通過しておいたほうがいいです。大人になってからだと、いろいろ大変です。弟にもほんのちょっとLINEで愚痴ってみた。弟は、さらりとかわした。それで良し。

翌朝、礼拝に行く前に、父にLINEを送って、車の運転に集中できなくさせたことを謝った。すると、礼拝が始まる直前、父から「最近、心身ともに疲れているようで、強く言いすぎたかもしれないと反省しています」と返事があった。なんか、短い文字のやりとりだけれど、父とこういう会話ができて、関係が一歩前進した感じがする。気のせいかな。ちょっとうれしい。生きている間しか喧嘩ができないので、これからも元気でいてもらいたい。このわずか2日の間に、金婚式のお祝いで2月にベトナム旅行に行くことになって、すでに入っていた予定をキャンセルしなくてはならず、気持ちがアップダウンして、追いつかないよ。ぜえぜえ。

きょうは、歌のレッスンの日だった。K子先生といっしょに、あつあつの参鶏湯を食べ(2人とも猫舌)、野暮用に付き合っていただいてからレッスンだったんだけど、とてもよい会話だった。K子先生は、認知症のお母さんの介護をして7年になる。言いたいこと言い合える関係があって、喧嘩しても仲直りして、神様は生きて働いておられるんだなと感じる。証しになっている。認知症になっても希望があるんだ。

そのK子先生から、会話の中で、「あなたは人に関心がないのよ」と言われた。先生が、「赤い譜面台がなくなったと思っていたら、普段開けない洋服ダンスの中に入ってたの~」という話をしていときに、ご自宅のレッスンで使っていた譜面台がどういう赤色だったか、思い出せなかったので「忘れました。最近そういうこと多くて」と言ったところ、先生がすかさず、「それは忘れたんじゃなくて、関心がないから覚えないのよ。」そうなのか、私? ちょっと悔しいので一生懸命思い出して、ちょっと時間が経ってから「さっきの赤い譜面台、思い出しました」と言ったところ、また話が進んでいきました。

今日のレッスン:コンコーネ25番のNo.5、Quelle labbra non son rose(ドナウディ)、One Sweetly Solemn Thought(讃美歌)

広告