夫の入院②の続き

8/2(火)

術後1日目。義母と様子を見に行きました。

痛み止めの点滴とお腹の管がついたまま、看護師付き添いのもと、歩く練習をしていました。痛みがあっても体を動かしていくと、腸の動きもよくなるそうです。看護師さんを呼んでも、起き上がるのを手伝ってはくれません。「がんばってやってみましょう」と言われるだけ。

午前中から、お水を飲んでいいと言われ、喜んだ私は、同じフロアの談話室にある自販機ではなく、1階の売店まで買いに行ってしまいました。

昼食が出ました。お粥に、柔らか目のおかず。完食でした。

看護師「いい食べっぷりですね。退院後も、何を食べてもいいですよ。退院祝いにステーキだけはやめてください。何かご主人の好物あります?」

私「ラーメンとか、カレーライスですね」

看護師「僕と同じですね。ウーン、ラーメンはやめておいたほうがいいかな?」

脂肪控えめな食事ならいいみたいです。

夫が肩の痛みを訴えていました。手術では、お腹に炭酸ガスをいれて膨らませるため、残りのガスが上昇して神経に触れるため、痛みとなるようです。時間とともに薄れるようなので、よかった。

息子思いのおかあさん、弾性ストッキングを脱いだ足をマッサージ。

14時頃、病院をあとにしました。

電車の時間まで余裕があったので、富山駅で買い物をしたのですが、結婚して初めて、義母が私に服を買ってくれました!

癒しのきゅうり。

8/3(水)

術後2日目。点滴の管が取れました!

髭剃りを勧めました。見た目さっぱり。歩き方はゆっくり。

広告