入笠山トレッキング

教会のメンズ主催で、入笠山(にゅうかさやま)に行って来ました。入笠山は、長野県富士見町と伊那市にまたがる1955メートルの山です。ゴンドラに乗り、すずらんの群生地を抜けて、岩場をのぼり、山頂へ向かいます。幼稚園児でも登れるお手軽コースときいていましたが、かなりいい運動になりました。汗だくです(^0^;)

image

image

 

なんと今日は山開き。スイスホルンの演奏を聴きました。ホルンは、金管楽器と同じく、3つのパーツに分けて持ち運ぶそうです。両手は、楽器を支えているだけ。唇の振動だけで音を出すそうです。

image

image

頂上で食べるおにぎりは、とってもおいしかったです。残念ながら曇り空で、冷たい風が吹いていました。

imageimage

入笠山1
夫:下りには特に気をつけないといかん。上りは自分の体重だけだが、下りは体重と落差があるから、怪我をしやすい。熊だって、あの大きな身体で、下り坂は慎重に下りるんだぞ。

↑友達がひそかに撮ってくれてました。↑

image
ルバーブのソフトクリーム

帰りは温泉(水神【すいじん】の湯)につかり、3時間のドライブののち、帰宅しました。行き帰りとも、ポルシェに乗っちゃいました。夕食は自宅で、ありあわせのものでおいしくいただきました。何より、発表会のあとにいただいたおかずが役に立ちました。

広告