ペンテコステ礼拝

今日は、ペンテコステ礼拝。イエス様が十字架にかかり3日目に復活され、求めていた民に約束の聖霊を与えてくださったことを記念する日です。

東京ライトハウスチャーチ(TLC)は、聖霊の働きをいつも意識させられる教会なので、今日は聖霊が激しく降り注ぐというよりも、やさしく触れてくださるという感じ。ワーシップリーダーのサブとして、会衆を礼拝に導くご奉仕。初めてステージの上で、マイクを握って神様を賛美しました。マイクが意外とずっしり来る重さで、右手に左手に持ち替え、両手で持ったりして、落ち着かない私・・・

自由礼拝のとき、ハレルヤ、ハレルヤと奏楽に合わせて賛美していたら、私の頭に手を置かれた感じがしました。肩の荷が下りて、人の目を気にしていませんでした。

礼拝が終わって、ステージを降りると、下界に戻ってきた感じがして、ああ、私は神様との親しい交わりに引き上げられていたんだ、と思いました。途端に、恥ずかしさがよみがえり、素の自分に戻ります。

恥ずかしいという思いは、聖霊の働きにフタをしてしまうのだそうです。そんなに奥ゆかしい方なんだ。無理矢理、私たちの心の扉を開くことはなさらないんだな。今日をひとことで表すと、「目覚め」です。

 

広告