「ライフ・ライン」手話&字幕付きDVD

先週土曜日は、クリスチャン手話サークル「ぶどうの木」の例会に行ってきました。雪が降るかも知れないというので、人数は少なめでしたが、降りませんでしたね。O先生のお話の途中で部屋に入ると、ホワイトボードに「安心してください、穿いてますよ」って。
この日は、イエス・キリストを心に受け入れて、安らぎを得るというお話でした。疲れた者、重荷を負う者、悩み苦しむ者に、イエス様は、「わたしのところに来なさい」と語ってくださいます。

また、聖書に出てくる言葉の手話表現を学びました。「泥酔」(酒の力で自制を失い、怒りや悪い言葉が口から出るようになる)という言葉から、ワインの話になり、とても盛り上がりました。イスラエルでは、雨の降らない時期が長いので、イエス様の時代には水代わりにワインを飲んでいたという話も思い出しました。

ところで、メディアを通して福音を伝えているライフラインというテレビ番組があります。通常は、音声だけなので、聞こえない人・難聴者は視聴できません。「字幕をつけてほしい」「手話通訳してほしい」という声と、奉仕者との出会いが昨年の夏にあって、手話&字幕付きDVDが実現しました!

夫が買ってくれたものの1枚を視聴しました。字幕は、大きめのゴシック文字で、右から左に流れていきます。日本手話が美しくって、手話学習にちょうどいいです。ろう者と健聴者が一緒に番組を見ることができます。

1枚500円で送料込み。
字幕や手話通訳をつける労苦を考えると、安いと思います。
詳しくは番組HPを。

テレビ番組「ライフライン」手話&字幕付きDVD

広告