俺が必要ですか?

先週土曜日、iPadにインストールした、こえとら(聴覚障害者と健聴者のコミュニケーションのための音声認識アプリ)を介して、夫と話そうと試みた。

教会学校で、子どもの声を文字変換してくれたら助かるだろうと考えたからだ。

しかし、ちょっとやってみただけでわかったのは、直接話すか、筆談ボードに書いてもらう方が、まだ誤解が少ないだろうということ。

難聴者の声と風邪引きの声は判別しにくいのだろうか。

私「お絵描き帳ですか?」

→俺が必要ですか?

えっ?( ̄▽ ̄;)
気を取り直してもう一度。

→おいらせ町ですか?

・・・・(((^^;)

夫が同じことを言った。
「お絵描き帳ですか?」

→神戸へ行く予定だった。

・・・・(((^_^;)

私が、「バカなんじゃないの?!」と言ったら、
「だったら長芋」と変換された。

(ノ-_-)ノ~┻━┻

これを使って会話がうまくいっている人の話を聞いてみたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中