イースター

Happy Easter! He is risen!
イースターおめでとうございます。
イエス様は死からよみがえられました。

8日の日曜礼拝では、たくさんの賛美をして、イエス様の復活をお祝いしました。私が今日こうして生かされているのも、イエス様のおかげです。

献金の奨励のときに、礼拝長老のKさんが言われたことをゆっくりと思い起こしています。私たちクリスチャンはイエス・キリストを信じる信仰によって、罪の赦しをいただき、「永遠のいのち」を持っているということ。永遠のいのちとは、肉体が死んでからもたましいが生かされるということ以上に、地上での残された人生を希望をもって歩む原動力となります。持つというのは、単に所有するという意味ではなく、神様と人格的に交わる、知るという意味なのだと話してくださいました。

ヨハネの福音書3章16節
「神は実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは、御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

以前、聞こえない方がこの御言葉の手話表現をしていたとき、「持つ」というのを、片手をそっと添えて、本当に大事なものを扱うようにしていたのを見たことがあります。

広告

イースター」への1件のフィードバック

  1. 初じめてコメントさせていただきます。
    「持つ」という言う手話をやってみたのですが、なんだか大切なものを握っているように今まで深く感じなかったのすが、改めて手話の表現・気持ちが伝わりました。(チョー日本語が変でスミマセン>_<。)
    この御言葉をぜひ手話で覚えたいです!
    先月、お邪魔させていただいた時、聖書の関係?の手話を少し教えてくださりありがとうございました!
    また、色々な手話を覚えて行きたいです!
    (…と言っても、使う事はないのでは?と思うまめちゃんですぅ~^_^;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中