昨日の続き

夫の隣でノートテイクできないときは、夫が録音した音源を、私が自宅で原稿に起こしています。昨日の結婚式もそうでした。「新郎新婦の名前」について語られていると、夫はたまたま読み取れたようですが、それ以上の細かいところは分からなかったそうです。

礼拝後、ランチの時間は、私はミーティングがあり、夫と離れて座っていました。帰宅すると、夫が「昼に、N兄弟とA姉妹が挨拶に来たよ。でも、何を言っているか全然分からなかった」と言いました。私は「お祝いのお礼だと思う。ありがとうございました、って。」と推理。

人がたくさんいるのに、夫が困っているのをだれも知らないのが、切ない。私も全然気づかなかったけどさー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中