こひつじクラブ講演会

今日は、クリスチャン要約筆記サークルこひつじクラブ主催の
講演会がありました。
午前中の手話サークル「ぶどうの木」のメンバーもかなり
残ってくださって、参加してくださいましたし、
TLCのM夫妻も来てくださって感謝でした。
 
講師の桜井先生は夫と同い年。
身体の弱さを与えられながら、語りたい神様の恵みがどっさりあって、
ユーモアもたっぷり。
テーマは「奉仕者のこころ」
いただいた原稿の段落1つで長時間語れる内容。
聴者の私でも、時間をかけて何回も繰り返し読みたいと思う。
聞いたことが自分のものになっていない気がする。
講演会だけじゃもったいない。
ディスカッションしたい。
 
手書きの要約筆記をする私たちのためにとてもゆっくり話してくださった。
本音を言えば、あまり文節と文節の間をあけて話されると書きにくい。
内容を聞きながらまとめる作業がないので、話の予測ができず、
聞いたことをそのまま書くことになってしまう。
また、手話をつけて話すのも大変なことだと思う。
ときどき擬音・無音が混じるので、手話を見たいと思って
先生の顔をじーーっと見つめたら、すぐに気づかれ、
「あ、すみません」と言われた。
OHPの強い光から目を守るため黒いサングラスをかけているので
見た目かなり怪しいのだ。
 
印象に残っているのは、メッセージの部分じゃなくて(失礼!)
最後に、奉仕にあたっている私たちのことを言ってくださったときのこと。
「要約筆記をしているこの3人はケンカをしません。
神様の恵みを伝えるためにやっているから・・・」みたいなこと。
なんか、ぎくーっとした。
派手なケンカはしないけれど、それぞれのこだわりがぶつかるときもあり
「なんで??」と思ったりする。
なかなか受け入れられない自分がいる。
でも、神様の思いは私よりもはるかに広く深いので、
神様に頼るしかないなーと思う。
同じ土台に立って、喜びをもって奉仕ができますように。
また、私たちが恵まれているのを見て、
新しい方が仲間に加えられますように。
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中