笑い療法士

昨日の礼拝メッセージでは、バルナバという人物がとりあげられ、
私たちも、神様に力をいただいて、
他の人を慰め励ます器になろうと語られた。
 
今朝、新聞を見たら、「医療支える笑い療法士募集」というコラム。
その人がいると、つい笑ってしまい、安心できる。
笑いで患者の自己治癒力を高め、健康な人の発病予防も支援する
「笑い療法士」認定が2005年から始まり、
これまでに主婦やさまざまな職種から
370人が全国の医療・福祉現場で活躍しているそうだ。
 
教会のリーダー選びは、使徒6章で
「信仰と聖霊、知恵に満ちた、評判の良い人」だが
笑い療法士は、「笑いの感染力が強い人」だという。
どういう基準で選ばれるのだろう。
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中