別行動

教会に向かうときのこと。
川崎で乗り換えて、京浜東北線のホームへ。
なぜか夫はキオスクの左脇を歩いていった。
なんでそっちなのかな~と思っていたら、
 
「ここは4番線ですか?」と後ろから声がした。
 
ふりむくと、同年代くらいの女性。
えーっと、ここって何番線だったっけ。
そばに夫がいればすぐ答えられるのにぃーと思いつつ
「どこに行くんですか?」と聞いてみた。
 
「川崎です」
「川崎? ここが川崎ですよ」
「間違えました、蒲田です」
留学生かな? と思って彼女の手元を見ると、
ぼろぼろになった黄色の表紙の本。
まんなかあたりのページに人差し指をはさんでいる。
中国からこられた方だとわかった。
 
「蒲田ですか? 私も蒲田に行くので、一緒に行きましょう」
それで、その本を見せてもらった。
ここまで使ってもらえたら、本もうれしいだろうなと思った。
日本語は独学で、春に来日し、蒲田の日本語学校に行くんですって。
住まいは、ラゾーナ近く。
 
電車が来たので2人で並んですわった。たったひと駅だったけど。
彼女は人差し指をはさんでいたページを開いて、問題を音読した。
日本語の数の数え方。
りんごが3個、学生が7人、・・・
万年筆がいっぽん・・・は難しかったようだ。
まあ、夫とよく話題になる事柄だわ~。
 
父が中国語を習っていること、
外国人を案内するボランティアをしていることを話して
ノートテイク用紙に私の名前とメールアドレスを書いてわたした。
がんばってくださいね、と言って別れた。
心の中で、彼女の祝福をお祈りした。
 
さて、夫は電車に乗っていたのかな~とホームを歩いていったら
池上線乗り換えの階段前で、心配そうにショボーンと立っていた。
数分間の出来事を興奮ぎみに話したら、「ほぉおお~」とのけぞっていた。
 
無事に教会につき、いつものようにウェルカムチームのメンバーと
握手して礼拝堂に入る。
K兄「あれっ、だんなは?」
私「あぁ、あちら側(の通路)にいます」
 
K兄、なんで夫婦別々に入ってくるかなぁ~と首をかしげていた。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中