称名滝

涼しい日です。
今晩から明日1日雨だというので、
夫が午前中で仕事を切り上げて称名滝(しょうみょうだき)に
連れていってくれました。
日本の滝100選に選ばれているそうです。
駐車場に車をとめて、滝つぼの見えるところまで
1.3キロをゆっくり歩いていきます。
称名滝
うーん。マイナスイオン。
細かい水しぶきがとんできます。
寒いくらい。
花嫁のベール(後ろ姿)みたいでした。
落差350メートルで4段に分かれて、
いずれも水は少し角度を変えて落ちています。
絶えず流れているので、ゆれているようにみえるのです。
ロマンチックかな~。
2人で写真とろうよ~と言ったら
夫いわく「青になったら」
つまり、曇り空が一瞬でも青空になったら写真をとろうという
ことですな。
待つこと15分。
上空の雲はゆっくりと山の向こうに流れ
かえって雲が厚くなったように見えました。
私「あともう少し!」
夫「え~もうあきらめたぁ~」
そこへ、背後から日の光がさしたと思ったら
滝壺に虹があらわれました。
虹が
太陽が雲に隠れるのが早いので
ケータイカメラを設定している間に
虹は消えてしまいます。
肉眼で見るほうがいいのはわかっているけど。
2人で写真をとるのはあきらめたけれど
満足、満足でした。
25分も同じ場所にいました。
実は近くにいた人に「滝を入れてください」と頼んで
撮ってもらったんだけど、滝より看板の方が大きく写っていたのよね。
帰りは、温泉で一休みしてから戻ってきました。
広告

称名滝」への1件のフィードバック

  1. お帰りなさ~い!!(今さらですが)
     
    称名滝はよかったでしょう!!
    無事たどり着けて、なによりです。結構きつくなかったですか?
    写真は綺麗に撮れていますね~。虹が見られるなんてラッキー!!
    来年一緒に行きましょう。私、写真撮ります。
     
    滝壺に落ちる水音が念仏を唱えているように聞こえたことから「称名滝」と名付けられたらしいですが
    ご主人はあの響きを体感できたかしら?
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中