子どもから教えてもらったこと

数週間前から風邪を引き、なかなか治らず引きずっていた。
早くなおそうと思い、出かける予定をキャンセルし、歌の発表会に出るのもとりやめ、
家にいることの多い週末。
寝すぎてかえって疲れたりして、ああもっと賢い時間の使い方があるはずなのに・・・
と自己嫌悪。いらいらして家族にやつあたり。実りのない時間。
「春は苦手だわ~」と季節のせいにして朝、教会に向かった。
まだ春休みのさなかなので、家族でお出かけも多いらしく、
教会学校に来ている子どもたちの数も少ない。
今日から新年度をむかえるというのに、私の心はあまり上向きではなかった。
司会の私は、お祈りをして、みことばに目を通して、子どもたちに賛美を呼びかける。
ん?なんかいつもと違うぞ・・・
子どもたちの目の輝きが違うのだ。いつもは15人もいるのに、みんな下を向いて
心ここにあらずと言った感じでボソボソ歌っているのに、今日は3人だけれど、
15人以上の響きだ! 何が彼らを変えたんだろう?
彼らは2泊3日の松原湖での子どもキャンプから昨日戻ったばかり。
神様のメッセージを心に受け、とっても燃やされているのだ!
教会学校の礼拝が始まる前は、子どもたちにキャンプの感想を求めるのを
迷っていたのだが、そんな不安はすぐに吹き飛んで、口々にキャンプのテーマや
メッセージの内容を教えてくれた。聖書が教える神、罪、救いをしっかり自分の
ことばで説明できるんだ。子どもってすごい! と教えてもらった。
キャンプのテーマは、ヘブル12章の「信仰の創始者であり完成者であるイエスから
目を離さないでいなさい」だった。
イエスさまから目を離していたのは私のほうだったんだ。
そのような朝を過ごして、私の心は再び神様のみことば、神様の思いに
焦点を合わせた。
神様は、周りの人を用いて、神様の私へのかかわりがどんなに細やかな
ものであるかを教えてくれる。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中